青春の続き。楽しかったあの時をもう一度。

一番軽い地獄でも刑期は1兆6千億年。地獄の大変さ教えます。

 
本の説明
この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは。歴史大好きバイカーのkickです。 当ブログ、「歴史大好きバイカーkickのキクログ」を運営しています。 神奈川県在住。1981年生まれの40歳。1児の父です。既婚。 現在は会社員として働く傍ら、ブログコンテンツ制作、情報発信、メディア運営などをしています。 記事の内容は、ほとんどが自身で実際に経験してみた物事を記事にしています。 このブログでは、僕と同世代の方たちが、楽しい人生を過ごすことをサポートする目的で運営しています。 誰にでもあった「楽しかったあの頃」 このブログを通して、その続きを楽しむことができたなら幸いです。 だから、キャッチフレーズは、 「青春の続き。楽しかったあの頃をもう一度」なのです。 マイペースに更新していきますのでみなさまどうぞよろしくお願いいたします。
詳しいプロフィールはこちら

こんばんは。歴史大好きバイカーkickです。

今日は世にも恐ろしい地獄について調べてみました。

殺生をしたらダメ。窃盗も不倫も飲酒も嘘つきも悪いこと考える人も尼僧に手を出してもダメ。

悪いことすると、みんな地獄行きですよ!

 

最近は人の命を軽んじたような嫌な事件が多いですね。自分さえよければいいといった感じの犯罪が多い気がします。そんな人たちは是非と早々に地獄に堕ちてもらいたいものですね。

犯罪者の更生を目指すよりも、悪いことをしたら地獄に堕ちてこんな目に合うんだぞ!!

っていう事をもう子供の頃から教えてやったほうが犯罪防止に効果的なんじゃないでしょうか?

 

悪いことしたら地獄に堕ちる。とてもシンプルでわかりやすい構図ですよね。

この教育不足なんじゃないかと思います。あくまで個人的な意見ですがね。

それにしても、一番軽い地獄で刑期が1兆6千億年って・・。気が遠くなりますな。

今回は8つの地獄の軽い説明と、一番最初の地獄、等活地獄について解説していきます。

 

地獄とは何か?

「悪さをしたら地獄に落ちる」「嘘をついたら閻魔様に舌を抜かれる」

地獄とはどのようなものなのでしょうか。その反対の極楽は?

誰にでもわかりやすくイメージできる方法で語り伝えられた地獄と極楽の世界。

その世界を知ることは日本人の道徳観や生きてきた道しるべを辿っていく事でもあります。

今回は地獄編。けっこうハードな内容となっています。心臓の弱い方はご遠慮ください(笑)

 

極楽とは?究極ワールド極楽への憧れ

死後の世界の最高峰の極楽。誰もがそこを目指し、最終的なゴールとしている。

どんなことをしたらたどり着けるのか、どの様な場所なんだろうか。

そのためにはどんなことをしたらいいのか。それは誰もが知りたい疑問だった。

 

地獄と極楽を知ることは、日本人の価値観や道徳観の根底に触れること。

昔から語られてきた地獄や極楽を伝える言葉は、字が読める人、読めない人。

老若男女、誰にでもわかりやすくイメージできる方法で伝えられてきました。

寺院はもちろん、人々が行きかう往来の辻でも絵解きと呼ばれる仏画の解説などが行われ、

人々は地獄や極楽を身近なものとして暮らしてきました。

地獄と極楽を知ることは現世での生き方を振り返らせる究極の道徳教育でした。

 

人々が恐れた八大地獄とは

1、等活地獄 2、黒縄地獄 3、衆合地獄 4、叫喚地獄

5、大叫喚地獄 6、焦熱地獄 7、大焦熱地獄 8、阿鼻地獄

の八つの地獄があります。

じごくのがぞう

等活地獄

殺生や乱暴を働いたものが罰せられる地獄の1丁目。

八大地獄の中でも最も人間界に近く殺人、殺生、乱暴を働いたものが堕とされ、

獄卒と呼ばれる鬼に金棒で叩かれたり、槍で突かれたりする。

骨を粉砕されるほどの責めが延々と繰り返される。

まず何より獄卒がこえー。

じごくのがぞう

黒縄地獄

殺生に加え盗みを犯した者が堕ちる。等活地獄のさらに10倍の苦難処。

黒縄地獄は等活地獄の下にあり、殺生のうえさらに窃盗の罪を犯したもの、

つまり強盗殺人の凶悪犯罪者が罰せられる場所。責め道具に黒縄(鉄製の縄や鎖)を用いて

欲望に満ちた生前の悪行を思い知らされることとなる。

強盗殺人の犯人さん、あなたたち、ここに行くんですよー。覚悟しておいてくださいね。

 

衆合地獄

邪淫邪欲に溺れたものが科せられる過酷な苦悶の場。

殺人・殺生・盗みに加えて不倫や強姦などの性にまつわる罪を犯した者が堕ちるのが衆合地獄。

殺人や窃盗よりも罪深いとされた。邪悪な肉欲に溺れたものを待つ責苦は等活地獄、黒縄地獄よりも凄惨なものだった。

 

叫喚地獄

殺生・窃盗・邪淫に加えて飲酒により理性を失った者の地獄。

衆合地獄の真下に位置し、殺生・窃盗・邪淫・飲酒をしたものが堕ちる。

飲酒がそれほどまでに罪深いとされるのは酒自体というよりも、飲酒によって巻き起こされる様々な災いを仏教の教えは厳しく戒めているから。

そろそろ殺生・窃盗・・・と書いていくのがめんどくさいが頑張って書く。

大叫喚地獄

他人を騙す嘘つきが受ける容赦ない苦悩の世界。

叫喚地獄の下に待ち受けるのは殺生・窃盗・邪淫・飲酒に加え、妄語(=嘘をつき、騙すこと)

嘘をついた罪人が堕ちるのが大叫喚地獄。釈迦はその教えの中で嘘は不和や不信を招く重罪としていた。

灼熱地獄

悪しき思想によって人々を混乱させた罰を受ける地獄。

殺生・窃盗・邪淫・飲酒・妄語に加え、邪な考えをもった者が堕ちる地獄。

他人や社会への物理的な悪事はもちろん、考え方まで誤ったものほど罪は重い。

 

大焦熱地獄

今までの罪に加え、さらに尼僧を犯した劣悪罪人が堕ちる大火焔界。

焦熱地獄でさえ数多の大罪を重ねたものが堕ちる大地獄だが、それに加えて尼僧を汚した罪人の行き場。ここまでの悪人となれば邪淫の罪を問う衆合地獄などに当てはまるはずもなく、別室が用意されている。

 

阿鼻地獄

たどり着くまでに2000年かかる紅蓮の究極地獄。

八大地獄の最終地である阿鼻地獄は地獄の行き止まりにふさわしく、

一つ上の大焦熱地獄が天界かと間違うほど。他の地獄とは比べようもない恐怖の世界だとされている。

仏教の教えにことごとく背いた者の成れの果てとは?

っていうか、2000年かかって阿鼻地獄にたどり着いてからの刑期スタート?

それってしんどくない?というか、刑期あるんでしょうか?

 

等活地獄・・無限の蘇生が繰り返される地獄。キーワードは「活々」

 

恐ろしい獄卒たちが槍・鎌・鉄の棒で罪人を追い回します。刃物で体を切り刻まれ、罪人が命尽きたと思うと風が吹き、罪人は元の姿に蘇生して再びお仕置きされます。

また、獄卒が「活々」(生き返れ)と唱えるか、鉄棒で地面を叩くことでも罪人が蘇ります。

等活地獄においては、殺人だけでなく、無益な殺生をしたものは苦痛から逃れられる「死」すらも許されません。

また罪人によって果てなく繰り返される争いも私利私欲にかられて殺生をした者たちの受ける罰。

爪が鉄のように固く、長くなり、互いを傷つけあいます。

地獄の画像

等活地獄には4つの門があり、その先に16の小地獄が待ち受けています。

小地獄は殺生した動物別や、罪を起こした際の欲望や感情のあり方によって細かく分けられています。

 

小地獄・・16の小地獄を持つ罪状別特別室。刑期は500年。現世の時間に換算すると刑期は1兆6653億1250万年。気が遠くなる。

 

瓮熟処

行った罪と同様の苦しみを与えられる煮込み地獄。

逃げ出そうとすると獄卒が手を叩き潰して瓮のなかに押し込まれる。

仏教では全ての殺生を禁じているが、食べるためよりも毛皮や牙を売るためのほうが罪深いとされている。

おうじゅくしょのがぞう

 

 

闇冥処

冥界の暗闇の中で焼かれ、金剛山の疾風が吹き、突風が刀のように突き刺さってきたり、

谷間に吹き飛ばされたりする。羊や亀を無残に殺したものが堕ちるところ。

 

刀輪処

物欲・金銭欲から人を殺めたものが罰せられる小地獄。

生前に身勝手な金銭欲や物欲を満たすために人を傷つけ、殺した罪人が、

葉が刀で出来ている刀葉林という山に追い込まれる。

尿泥処

煮えたぎる尿泥にまみれ、虫に肉を食われ骨をすすられる。

獄卒に追われる罪人が逃げ込んだ先は高熱の尿(大便)溜め。

中には金剛石なみの硬いくちばしをもった虫がいて、肉を食い、骨までかみ砕かれる。

鹿や鳥をいたぶって殺したものが堕ちる場所。

じごくのがぞう

まとめ

今回地獄について調べてみましたが・・。想像しただけで怖いですね。

しかも一番楽な等活地獄でも1兆年の刑期って・・。

これだけの地獄の恐怖と極楽とのギャップがあれば、そりゃ誰だって

地獄に堕ちないように清く正しく生きようと思いますよね。

それでも魔が差して犯罪は起きてしまう物ですが、極楽と地獄の教えの犯罪の抑止効果って結構あると思います。

 

幼いころからこの道徳教育をすれば犯罪を犯そう!!などとは思わないとは思いますが・・。

僕らの子供の頃と現代の子供たちは環境が違いすぎるから何とも言えないですがね・・。

地獄?そんなのあるわけないじゃん!!とか言われそう(笑)

 

まあ、とりあえず、僕は道端でその辺にごみを捨てる大人、車からたばこやゴミをポイ捨てする大人を見たときは地獄に堕ちろって思ってます。

そういえば、中学校の時の先生が言っていた言葉を思い出しました。

「いい大人が何故ごみをごみ箱に捨てようと思わないのかが理解できない」

当時は「へぇー。なんでだろね。」と聞いていましたが、この歳になって

「本当にそう。いい大人が、なんでごみをごみ箱に捨てようと思えないのかホントにわからない」と、心底思うようになりました。恥ずかしい大人多すぎません?

当時の先生と同じくらいの歳になったからでしょうか。すごい共感してます(笑)

いじめはいけませんと言っておきながら教師がいじめしてるし・・。というか、あなたの会社でもいじめってありませんか?

大人って若い人の手本になるようにあるべきじゃないの?って思います。程度の差は有れども。

ま、僕はいざこざとか争いとか大嫌いなので思っているだけですけどね。注意したら逆ギレされて正しいことを言った人がバカ見る時代。これでいいのか日本。

最後はだいぶ話がそれてしまいましたが、最後まで読んでいただいてありがとうございました。

それでは、また。

 

参考文献

地獄と極楽がわかる本

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは。歴史大好きバイカーのkickです。 当ブログ、「歴史大好きバイカーkickのキクログ」を運営しています。 神奈川県在住。1981年生まれの40歳。1児の父です。既婚。 現在は会社員として働く傍ら、ブログコンテンツ制作、情報発信、メディア運営などをしています。 記事の内容は、ほとんどが自身で実際に経験してみた物事を記事にしています。 このブログでは、僕と同世代の方たちが、楽しい人生を過ごすことをサポートする目的で運営しています。 誰にでもあった「楽しかったあの頃」 このブログを通して、その続きを楽しむことができたなら幸いです。 だから、キャッチフレーズは、 「青春の続き。楽しかったあの頃をもう一度」なのです。 マイペースに更新していきますのでみなさまどうぞよろしくお願いいたします。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 歴史大好きバイカーkickのキクログ , 2019 All Rights Reserved.