歴史・武将・日本刀・鎧兜・バイク・キャンプ・アウトドア。

人生を変えたいと思ったらやってみる事

 
happy
この記事を書いている人 - WRITER -
神奈川県生まれの38歳。妻一人、子一人。 好きなモノは日本史と戦国武将・日本刀・鎧・兜・バイク・ツーリング各種・釣り・登山。今まではバスケットをやっていましたが加齢とともに体がついていかなくて引退。一人でできるスポーツ探してます。 更新に時間がかかりますが、マイペースにゆっくりと更新を続けていきますので皆様、気長にお願いします。
詳しいプロフィールはこちら

こんばんは。歴史大好きバイカーのkickです。

さて。僕は最近よく考えることがあります。僕のこれからの人生を考えたときに、

普通に仕事をして、家族を養って、

毎月一定の給料を稼いできて、その中から僅かばかりのお小遣いを貰い、

その自分のお小遣いの中から叶えられそうな、とても小さな楽しみを見つけ、

時には何か月かに渡りお小遣いを残しておいて、それを貯めておいて、

自分の中での少し高価な物を買う。

 

自分が働いて家族を養い、毎日不自由なく生活できているこの生活に、特に大きな不満はありません。

このまま定年を迎えるまで働いて、いずれ定年を迎えますが、定年したからと言って、

年金だけで生活できるわけもなく、結局勤めた会社での再雇用してもらったり、

それが出来なければ何か、新しいパートを探して働かなければなりません。

 

そうして歳をとった未来の自分は、果たして今と同じように

「特に大きな不満はない」と言っているのでしょうか?

僕は人生の中でやりたいなと思っていることは色々あります。

憧れているスーパーカーを全て運転してみたいとか。

大好きなバイクで日本を旅してまわりたいとか。

居酒屋でみんなでわいわいアルバイトしてみたいとか(笑)

 

でも現実問題、会社を辞めた瞬間から収入は無くなるわけですし、

家族を養えなくなったのなら、きっと離婚と言う流れになるでしょうし、

「いつかやりたい」という願望は持っていても、その願望が叶うとすれば、

会社員を引退した時でしょう。

頭は真っ白になるか、若しくは禿げあがっていて、体のキレなど全くなく、疲れた覇気のない

たるんだ体の老人になってから、時間の確保だけはできそうです。

 

そんなことを考えてみたとき、頭をよぎったのは、

「人生変えたいな」

というワードでした。真面目に一生懸命働いています。個人の能力の差とかもあるのでしょうが、

まあ、僕はきっと平々凡々。日本の平均年収はクリアしています。

それでもこれだけ不安に苛まれるこの国って一体・・。と思いました。そして肌で感じました。

会社や国は頼りにならないと。

そして自分で稼げるようになっておかないとこれからは厳しいんじゃないかという事を。

 

人生を変える方法

sign

そう思った僕は、とりあえずグーグル先生に聞いてみました。人生を変える方法とは?

返ってきた返答はこちら。

習慣を変え、人間関係を変え、環境を変える。

ざっくりいうと

習慣は悪い習慣をやめて、良い習慣を作ること。

人間関係は、ストレスの原因となる人から離れる事。

環境は引っ越す。または転職する。

こんな感じです。でも僕は、結局自分を変えられない限り、習慣を変えても人間関係を変えても、環境を変えても結局同じだと思います。というか、すでに経験済み。これは僕の実体験です。

 

人間関係を変えてみよう!とまずはやってみますが、

自分がポンコツなら自分の周りによって来るのはほとんどがポンコツばかりだから、

結局ポンコツのメンバーが入れ替わるだけで大して変わらないし、

状況が変わるということは逆に悪化することもあり、そうするとマジでポンコツオールスターズ(笑)

その状況の悲惨さって言ったらカオスですよ・・。

 

 

ならば環境を変えてみよう!と息巻いてやってみても、

転職したって自分のレベルに適している会社にしか入れないから、結局同じ。

もし、ラッキーパンチで自分の実力以上の会社に入れたとしても、

その会社では自分は2:6:2のパレートの法則の、出来ないほうの2割になってしまい、

上手く会社に馴染めないから居心地が悪く、長続きせずに、自分のレベルにあった会社に転職。

 

若しくはお荷物社員として、同じようなお荷物社員たちと

傷の舐めあいをしながらなんとか過ごすけど、結局は居心地が悪く、精神的に耐えられなくなってきて、自分のレベルに適した会社にまた転職。

というように、こうなると思います。つまり、時間の無駄。

 

だから、攻めるならば習慣一択です。

自分で努力しないで人生は変わりません。大して努力もしないで人間関係を変えてみても、

会社を変えてみても、結局自分自身は何も成長していないし、変わってないので、結果何にも変わりませんよ。というか変わるわけない。そもそも他力本願だし。

 

習慣を変える事

DeltaWorks / Pixabay

習慣を変えよう!と頑張ってみても、何から手を付けて良いかわからないと思います。

まずやるべきことは、自分を見直すこと。そこから始めましょう。

自分が特に意識せずにやっている良くない習慣を見つけ出し、それを紙に書きだします。

例えば僕の場合は

・食べ過ぎ

・何となくスマホをいじり、Y!ニュースとかを読んで時間の無駄遣い

・特に何をするでもなく、ボーッとしながらついつい夜更かししてしまう。

・活舌が悪いのが原因なのか、モゴモゴ話すこと

・優柔不断なところ

と言った感じです。一気に悪習を上げてもそんなに変えられないし、というか僕はそんなにたくさんを

意識して毎日を行動できないので、今あげた辞めるべき悪習のなかから、1つ若しくは2つずつを

意識してみています。

 

そして新たに始めるべき新しい習慣を考えます。

今はおじさんなのでそれなりにぽっちゃりと中年太りなのですが、もともと僕は筋肉質で、

今で言う細マッチョというやつでした。その事実をわかっていながら、

「年齢と共に代謝は落ちるから仕方ない」とか、「年齢と共に筋肉量は落ちてくるから仕方ないな」

とか、仕方ない理由ばかりを考え出して諦めてしまっている自分を終わりにすることにしました。

トレーニングも始め、バスケットも再開して運動する習慣を作り少しずつ成果を感じている所です。

 

以前から使っているスタディサプリイングリッシュで、聞き取りは随分と出来るようになったのですが

その先があまり伸びず、英語学習から離れていたのですが、もう一度(もう何度も挫折してますが)やってみようと、再開しました。

 

 

さて、この英語と筋トレの2つの事ですが、僕が人生の変え方について調べていたところ、

たどり着いた答えがこの2つでした。「英語と筋トレ」

 

調べていると、これが出来た人達は、一様に人生変わった。そう口にしています。

トレーニングで筋肉をつけ、カッコいい身体に変わった人は「自分に自信がついた」といい、

 

勉強は全くできなかったし、自分はサッカーばかりやっていたという方なのですが、

英語でトイック200点から1年間で800点まで英語力をぶち上げた人も、

それにより「人生変わった」と言っています。

 

人生を変えるために必要なもう一つの事

shine

まず、自分が取り組むのはこの2つを集中して取り組みます。

そして、自分を見直すことで、もう一つ大事なことがあります。

それは、時間を見直すこと。自分の一日を見直してみましょう。

どんな時間の使い方をしているのか。これによって同じことをしていても、

使える時間の差が大きく開いていくので、1年も経てばかなり大きな差が開くでしょう。

 

僕は、自分で一日の時間の使い方を考えたときに思ったことは、

「習慣と言うのは全てに繋がっているんだな」という事。

例えば、こんな感じ。

 

仕事の段取りを見直して、効率よく作業して早く帰宅する

寝るまでの時間を自分の時間として使える

ゆっくり体を休めることが出来て、良い睡眠がとれて目覚めもスッキリ

頭もしっかり休めているから効率よく仕事が出来る

自分が一番スッキリと目覚められる最適な睡眠時間を見つけ、

自分の起床したい時間に合わせて寝ることで早寝・早起きが出来て、

早く起きることで出来た時間は自分の時間として好きなことに使える

好きな本を読むもよし、勉強して自分に投資するもよし。僕の場合はブログとか、

会社の給料以外から収入を得るための時間に使います。

 

こういった流れを作るために、

・段取りのコツ

・いい睡眠のとり方

この辺を調べました。もともと僕は段取りとか考えるのは大の苦手。効率も悪いです。

それでも諦めずにやっていると、結果は自然と出てきました。

大事なのは、毎日、自分で意識して取り組む事です。

そうして取り組んでいるとそのうち成功するときがやってきます。

 

自分は段取りが悪くて・・。と悩んでいる人は、諦めないで。

意識して取り組むことを継続してみて。そのうち結果は出ますから。

 

僕の場合は、1時間に終えたい仕事量を意識して仕事しました。例えば、あと1時間後に

どこまで仕事を片付けるのかを意識して仕事に取り組んでみました。

ただ時間を意識して仕事をするだけでも結果がかなり違ってくると思いますよ。

 

良い睡眠のとり方は、まだあまり実践出来ていないですね。

今までは入浴はシャワーだけで済ましていたのですが、

湯船につかって疲れをとるようにしました。そのくらいでしょうかね。

 

潜在意識に語りかけて、脳を味方につけよう

brain

人生を変えたいって思った時、まずは自分の潜在意識に語りかけ、脳を味方につけましょう。

「あの車、カッコいいな。欲しいな。乗りたいな」と思った後に、街を歩いていると、

やたらその車が目に付くっていうあれです。潜在意識ってやつは。

 

脳を味方につけるという事は具体的にはどういうことかと言うと、

「おかしい」と怒りを覚える事。

「おかしい」という風に脳に問いかけ続ければ、

脳が勝手にその現状を変えるためのプランを用意してくれます。

その出てきたプランを忘れないように書き出しておけば、

あとはそのプランを検討し、選択して決断・実行するだけ。

 

人間の脳は生き残ることがすべてだと考えます。

潜在意識の特性の一つに自己防衛本能と言うものがあります。

脳や身体を守るために痛みを出したりするように、新しい事に挑戦するという脅威から、

自分を守るために、わざと怠けさせます。人間は放っておくと必ず怠けるようにできています。

潜在意識が努力しないことをおかしくないと思わせて、未知の領域に行く自分を、危険から自守ろうとします。

だから変化を嫌い、変化させない方向に持って行く事で現状を維持しようとするものなんです。

例えば周りに自分と同じような努力をしない人を置いて、「これでいいんだ」「自分は普通だな」

と言う感じに思わせ、努力はつまらないものという認識をさせます。

変化させないために。自分を守るために。

 

まとめ

grow

人生を変えるには、習慣を見直すことと、時間の使い方を見直すこと。

自分で努力しようとしないと、時間だけを浪費して、結局何も変わらないまま歳だけをとっていくという最悪な結果になります。

 

そして、努力を継続させて、現状を変えることで自分の人生を変えるには、

今の自分の置かれている状況をおかしいと思い、変化するために脳を味方につける事。

例えば僕の場合なら

「いくらおっさんになったからってこの体型と体脂肪率はおかしいだろ。減らせよ!出来るにきまってる!!」と、全身で嘆き、哀しんでそこから怒りに火をつけてスタート。

 

「これはおかしい」と、本気で脳を洗脳できれば、

努力する事や変化することを嫌う脳が味方に付いてくれて、

現状を変えるための修正案を出してくれる。

努力をもって、現状を変えてこいと、味方に付いてくれます。

強力な力を持っていると言われている潜在意識と脳が味方に付いてくれたなら、

鬼に金棒ではないですが、そうそう失敗するわけがないですね。

 

習慣を変えて、人生を変えてみませんか?

それでは、また。

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
神奈川県生まれの38歳。妻一人、子一人。 好きなモノは日本史と戦国武将・日本刀・鎧・兜・バイク・ツーリング各種・釣り・登山。今まではバスケットをやっていましたが加齢とともに体がついていかなくて引退。一人でできるスポーツ探してます。 更新に時間がかかりますが、マイペースにゆっくりと更新を続けていきますので皆様、気長にお願いします。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 歴史大好きバイカーkickのキクログ , 2020 All Rights Reserved.