青春の続き。楽しかったあの時をもう一度。

女子力UPのご利益あり!?走水神社に行ってきました。

 
鳥居
この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは。歴史大好きバイカーのkickです。 当ブログ、「歴史大好きバイカーkickのキクログ」を運営しています。 神奈川県在住。1981年生まれの40歳。1児の父です。既婚。 現在は会社員として働く傍ら、ブログコンテンツ制作、情報発信、メディア運営などをしています。 記事の内容は、ほとんどが自身で実際に経験してみた物事を記事にしています。 このブログでは、僕と同世代の方たちが、楽しい人生を過ごすことをサポートする目的で運営しています。 誰にでもあった「楽しかったあの頃」 このブログを通して、その続きを楽しむことができたなら幸いです。 だから、キャッチフレーズは、 「青春の続き。楽しかったあの頃をもう一度」なのです。 マイペースに更新していきますのでみなさまどうぞよろしくお願いいたします。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。歴史大好きバイカーのkickです。

遅ればせながら初詣に横須賀の走水神社に行ってきましたので紹介記事をUPします。

さてさて、横須賀にある走水神社。横須賀と言えば元総理大臣の小泉さんの地元であることは有名ですよね。この走水神社は小泉一家ともゆかりも深い、横須賀の有名なパワースポットでもあります。

 

そしてなんと、ご利益は恋愛成就や縁結びなど、女子力アップに強い神様です。

ま、僕はゴリゴリのおっさんなんで、そこには一つも興味湧きませんがね。(笑)

というわけで、今日は走水神社について記事を書いていきます。

走水神社の由緒

走水神社

景行天皇の即位40年ごろ、東国の騒動を鎮めるために、日本武尊にその鎮定を命じます。

勅命を受けた日本武尊は伊勢神宮にお参りされて先勝祈願を行います。神宮の斎宮である

叔母の倭姫命より、神宝の雨叢雲之剣(あめのむらくものつるぎ)と、火打ち袋を授けられます。

そして東国を制圧する軍を起こしました。その途中、静岡の焼津の辺りで賊に騙され火攻めを受けますが、雨叢雲之剣で草を薙ぎ払い、向火を放ち形成を逆転させ、賊を討伐したと言われています。

それ以降この剣は草薙の剣とも呼ばれ、熱田神宮のご神宝となっています。

日本武尊一行は焼津・厚木・鎌倉・逗子・葉山を通り走水の地に到着します。走水の地において軍船などの準備をして、上総に出発します。出発の際に、村人が日本武尊と弟橘媛命のことを非常に慕っていたので、日本武尊は自分の冠を村人に与えていきました。

村人はその冠を石櫃に入れて地中に埋めて、その上にお社を建てました。これが走水神社の創建です。

鳥居

 

日本武尊は上総国へ軍船で一気に渡ろうと船出しましたが突然強風が吹き荒れ、

海は荒れて、軍船は転覆の危機にさらされていました。

そこで日本武尊に付き添ってきた弟橘媛命が「海が荒れ狂うのは海の神の荒ぶる心のなせること」

と、海の神を鎮めるために海中に身を投じます。そして海は静まり、日本武尊の一行は水の上を走るように上総国に渡ることが出来たそうです。それいらい、この地は水走る、走水と言われています。

上総、下総、常陸、日高見を討って大和に帰る途中、碓氷峠から、遥か東方に光る走水の海の輝きを見て、その海に身を投じて武運を開いてくれた媛を偲び、「あぁ、吾妻よ」と嘆いたことから、東国を

東(吾妻)=アズマと言うようになったそうです。

 

そして弟橘媛命が入水されてから数日後、海岸に櫛が流れ着きました。村人たちはその櫛を日本武尊と弟橘媛命の御所があった御所ヶ崎に社を建て、櫛を納め橘神社としました。その後、橘神社は明治時代に走水神社の境内に移され、合祀されています。

 

 

走水の海

美しい走水の風景です。海が穏やかでとてもきれいでした。

静かで落ち着いた雰囲気の場所です。個人的にはとても気に入っている場所です。

ご利益

由緒が示す通り、自らの命を犠牲にして夫である日本武尊を救った弟橘媛命の夫婦のきずなや愛のエネルギー、恋愛成就や縁結びなどのご利益があります。

また、弟橘媛命に仕えていた侍女たちも弟橘媛命と共に命を犠牲にして日本武尊を救いました。

彼女らの主君に仕える姿勢と任務を全うする姿勢を職業人の鏡として考えられ、走水神社の別宮には

仕事運アップのご利益もあります。

また、走水神社の中には河童も祀られています。水難のご利益と、水に関する仕事運アップ、水に関する仕事の商売繁盛など。

河童神社

また、稲荷神社もあり、そこでは豊受姫命と宇迦御魂神を祀っています。

豊受姫命は食物・穀物を司る女神で、五穀豊穣、商売繁盛、開運厄除けのご利益

宇迦御魂神は商売繁盛、産業興隆、芸能上達、家内安全、五穀豊穣   となっています。

稲荷神社

稲荷さまいなにさま2

 

 

神明社・須賀神社・諏訪神社

神明社(天照大御神)・・国土安泰・福徳・開運・勝運の万能神。

須賀神社(須佐之男命)・・水難・火難・病難除去・五穀豊穣

諏訪神社(建御名方神)・・武運長久・交通安全・産業繁栄・国土安寧・五穀豊穣

の3社があり、有名なパワースポットだそうです。

3社

 

御祭神

ちょっと見えづらいですが、ご神体はやはり鏡ですね。

 

まとめ

冒頭でも述べた通り、僕はゴリゴリのおっさんなので女子力アップには特に興味はありません。

というか、あったらちょっとやべぇ奴です。ですがこの走水神社はとても落ち着いた雰囲気で、

とてもリラックスできる環境でした。仕事で疲れたとき、失敗してしまったときなどの気持ちを切り替えてリスタートしたい時などに訪れてみるのもいいかもしれませんね。

たくさんの神様たちと、走水の風景がきっと心をリフレッシュしてくれますよ。

 

そういえば稲荷神社で思い出しましたが、僕の守護霊は狐さんだそうです。

「あ、こいつやべぇ奴じゃん!」と思ったあなた。待って!ちゃんと話を聞いて(読んで)ください。

 

僕自身はそういったものは全く見えません。(稀に見えることがありますが何故なのかはわかりません。自分の力ではなく、偶然見える感じです。)

 

ただ、今までの人生の中で2回ほど、霊を見ることができるという人に出会ったことがありまして。

一度目は18歳の時で、2度目は21歳の時です。

最初はバイト先の後輩です。仲良くなって、自分は霊視が出来ると打ち明けてきてくれました。

その次の言葉が

後輩「先輩、なんか悪いことしたんですか?狐がついてますよ」

僕「ファ??なんでやねん。何もしてないよ!ってか霊が見えるって言った次の言葉がそれかよ!!」

後輩「知り合った最初から見えていたんですけどね。この人何したんだろうと思ってました。でも悪いことする様子でもないのできっとこれは守護霊ですね。変わった守護霊ですね(笑)」

僕「えっ?守護霊とかってよく聞くご先祖様とかじゃないの?ってか、身に覚えないし、縁も所縁もない狐って・・守護霊としてどうなの?」

後輩「いや、ちゃんと護ってくれてますから、良いと思いますよ?下手な先祖とかよりもいいと思います。」

僕「へーそうなんだ。(半信半疑)」

バイトも辞めて就職した3年後、彼女から言われた事(付き合い始めて3か月くらい経ったころ)

 

彼女「所でさ、私、実は霊が見えるんだけど。昔なにかこっくりさんとか悪いことしたことある?」

僕「ファ??(なんかこのくだり聞いたことあるな。)いや、特にないけど。なんで?」

彼女「いや、知り合った時から思ってたんだけど。狐が憑いてるの。だから何かしたのかなーと思って。」

僕「・・特に悪いことはしてません。(そういえば昔のバイト先の後輩も同じこと言ってたな・・。)昔のバイト先の後輩にも同じこと言われたことがある。守護霊らしいとの事だけど。どう思う?」

彼女「あー!だからかー!狐があなたの周りでうろちょろしてるけど、なんか悪いことする様子でもないし何なんだろなーこの人。不思議な人だなーって思ってたの。」

僕「そうらしい。俺はそういうの見えないから良くわからんけど。でも何だろなー。なんで俺に憑いて護ってくれているのかよくわからない。特に狐と触れ合う事なんて・・・!!」

 

と、昔のことを考えていたら思い出しましたよ。

中学校の頃、お寺の裏山に上って、秘密基地的なものを友達と作っていました。

そこで漫画持って行って読んだり、木にロープを巻いてブランコ作ったり、雨が降っても平気なように屋根を付けてみたり。とても楽しい時間を過ごした場所でした。

そこにあったんです。小さな祠にお稲荷様が。怖がりな僕は祟られたら怖いからとそこに遊びに行くときは必ず水を持って行って、お菓子とかもあるときはお供えして、お祈りしてから遊んでいました。

帰るときも有難うございましたとお祈りして帰っていまして。でもその日は何か背中がゾクゾクして

震えました。武者震いかなってくらいに。

そしてその夜、なかなか寝付けなかったのですが、急に金縛りにあいました。今もたまに金縛りにはあうのですが、体は動かせなくても眼だけは開けることができます。

恐る恐る目を開けると・・。

青白い狐みたいなものが部屋の上をゆらゆらと飛んでいるではないですか!

怖がりな僕は心の中でめっちゃ謝りました。ま、そこで焚火とかもしてましたからね(笑)

お湯を沸かしてコーヒー飲んだりとかしてましたし。もちろん火の始末は確実にしてましたけど。

でも山で焚火なんかしたもんだから祟られたのかと思って本気でビビりました。

でもそのあとは特に何もなく、普通に生活を送っていました。

中学を卒業して、高校を卒業して、知り合ったバイト先の後輩に狐の件を言われ。またそれを忘れたころに今度は彼女に言われました。

全く接点のない2人の他人から「狐が守護霊」と言われた僕は、それを信じています。

そして僕のことを守ってくれている縁は秘密基地だったのかなと思っています(それしか思い当たらない)ま、どんな理由やきっかけだとしても、僕のことを守ってくれているのは事実だし、

今も後ろでうろちょろしてるであろう狐さんには感謝しています。

ちなみに僕の守護霊の狐さんは今は見えないそうです。その人曰く、

「危険な状態じゃないからじゃないかな?だから多分今は引っ込んでる」と言われています。

まあ、どこに引っ込むのとか、いろいろ気になるところですが(笑)

 

一時期、ちょっと人生上手くいってないなー。という、くすぶっていた時期がありまして。

もう、ちょっと人生投げやり的な。どうにでもなれー的な時期があったんです。

仕事もうまく定まらず、迷走している感じでした。この先、自分はどうなっちゃうんだろうか・・なんて不安に押しつぶされそうな時期。その時期は狐さんはずっと見えていたそうです。はっきりと。

今思えば僕を護って、警戒してくれていたのかな?

 

ちなみに、今は狐さんは見えないよって教えてくれるのは、当時の彼女。今の嫁さんです(笑)

まだそんなに歳でもないんですけど、もう20年近く一緒にいてくれています。

嫁さん曰く、狐さんは、今は出てくる必要がないから引っ込んでるみたいです。見ようとすれば見えるけどね。と言われても僕にはわかりませんが。

でも、自分が上手くいっていないときもずっと見守っていてくれた狐さんには感謝しかないです。

そして見放さずに自分をずっと支え続けてくれている嫁さん(当時は彼女)にも。

ほんと、皆に支えられて今の自分があるんだなーと、感謝しています。

 

ちなみに金縛りにはちょいちょい遭います。でも、昔と違うところがあります。

金縛りにあうと、体が動かせなくて、でも目は開けられる。ここまでは一緒なんですけど・・。

くすぐられるんですよ。わきの下の少し下の肋骨の辺りを。僕そこ、くすぐったいの。

でもね、金縛られてるから動けないし、声も出ない。でもくすぐったいの。

これ、ぜったい狐さんがいたずらしてると思うんだよね!!まじくすぐったい!!

どう思う??知ってる人いたら教えてください。金縛りにあってくすぐられたことある人!

なんか長文になっちゃったけど。みなさん今年もよろしくお願いします。

それでは、また。

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは。歴史大好きバイカーのkickです。 当ブログ、「歴史大好きバイカーkickのキクログ」を運営しています。 神奈川県在住。1981年生まれの40歳。1児の父です。既婚。 現在は会社員として働く傍ら、ブログコンテンツ制作、情報発信、メディア運営などをしています。 記事の内容は、ほとんどが自身で実際に経験してみた物事を記事にしています。 このブログでは、僕と同世代の方たちが、楽しい人生を過ごすことをサポートする目的で運営しています。 誰にでもあった「楽しかったあの頃」 このブログを通して、その続きを楽しむことができたなら幸いです。 だから、キャッチフレーズは、 「青春の続き。楽しかったあの頃をもう一度」なのです。 マイペースに更新していきますのでみなさまどうぞよろしくお願いいたします。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 歴史大好きバイカーkickのキクログ , 2020 All Rights Reserved.