歴史・武将・日本刀・鎧兜・バイク・キャンプ・アウトドア。

実際より若く見える人はたくさん水を飲んでいる?水を飲む習慣はメリットがいっぱい!!

 
dog and water
この記事を書いている人 - WRITER -
神奈川県生まれの38歳。妻一人、子一人。 好きなモノは日本史と戦国武将・日本刀・鎧・兜・バイク・ツーリング各種・釣り・登山。今まではバスケットをやっていましたが加齢とともに体がついていかなくて引退。一人でできるスポーツ探してます。 更新に時間がかかりますが、マイペースにゆっくりと更新を続けていきますので皆様、気長にお願いします。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。歴史大好きバイカーkickです。今日は水を飲む習慣についてのお話です。

 

水を飲むメリットは色々あるのですが、やはり肌への影響が見た目にもすぐわかりやすくて良いのではないでしょうか。人間の体は約60%が水分で出来ています。

だから人間にとって水分はとっても重要なんです。後で詳しく書きますが、赤ちゃんの肌はプルプルでピチピチですよね。赤ちゃんの肌は75%くらいが水分で出来ているからなんです。

pretty baby

 

現代人は水分が不足している人が多く、水を飲まない人が多いんです。味とかないからってお茶やコーヒーとか、ジュースとかで水分を取る人が多い。

だからシワが多くなって老けて見えるし、体の中で古い水が滞っているので肌が死んでいって、みずみずしい肌からは遠ざかって行ってしまいます。

もっと水を飲めば肌がピチピチの状態になっていきますよ。

そもそも、お茶やコーヒー・ジュースで水分取るのは良くないんです。

余計なものが入りすぎだし、結果太ります。

水分は水で摂取するのが一番効率よく出来ています。

だからウォーターサーバーってとっても良いんです。毎日健康的な水を気軽に飲めるから。

お茶をやめて、水を飲む生活始めてみませんか?

見た目も若く、外からも中からも健康的になりますよ。

以下に水を飲む事を習慣にするメリットを書いておきます。

 

水分の取り方

大抵の人が水を飲むときっていうのは喉が渇いた時だけだと思います。でもそれはNGです。

「あ、喉が渇いた、何か飲もう」と言う風に。

僕もそうだったんですが、大体は冷蔵庫の中のジュースとか探したり、出先なら自動販売機を探して大好きな炭酸飲料とかを探します。

先ほども言いましたが、水分を取るにジュースを飲むのは一番ダメな奴だと思います。

太るし、お金かかるし、体にも良くないし。高いお金払って、あまり良いことないような気がします。

実際、僕はただジュースを飲むのを止めただけで5kgくらい体重が落ちました。

ちなみに昨年の健康診断では、メタボ検診に引っかかってしまう始末(笑)

どんだけ良くない習慣だったんだろうと思い知りました。

 

一日に必要な水の摂取量は2~2.5リットルと言われています。

その理由は、1日の生活の中で2~2.5リットルの水分が呼吸や汗をかいたり、排尿・排泄などの積み重ねで失われてしまうから。

 

だから水分は、定期的に時間や飲むタイミングを決めて摂取するのが一番いいんです。

僕の場合は、朝は白湯約350ml、仕事には500mlの水筒を持って行って、午前中に飲み切る。

会社にウォーターサーバーがあるので500ml補給。午後に飲み切る。

帰宅して入浴前に350ml。就寝前に300mlを飲んでいます。

一日で大体2リットルの水を飲むようにしています。

water

水を飲むことのメリット

風邪をひきにくくなる

水分は体の中で粘膜となり、各器官の働きが鈍くなるのを防いでいます。これが、乾燥が原因で正常な働きが出来なくなると、様々な病気を引き起こしてしまうので、これはとても重要な事。

例えば鼻の粘膜が乾燥してしまうと繊毛の働きが弱まってしまい、風邪やインフルエンザのウイルス、

花粉などの侵入を防ぐことが出来なくなってしまいます。また、体内に侵入してきたウイルスを排出するための痰や鼻水も減少してしまいます。

人間にはそもそも外敵の侵入を防ぐためのブロック機構を備えており、水分が足りなくなるという事はそのブロック機構が機能しなくなるという事です。

たとえば目の粘膜が乾燥してくると疲れを感じやすくなり、眼精疲労を引き起こしたりする。

口の中が乾燥すると、虫歯や歯周病や口臭の問題を引き起こしたりします。

このように、水分の不足は多肢に渡って影響を及ぼすことなので、水分の補給は季節を問わずに行わなければならない事なのです。

 

酸素や栄養分を体の隅々にまでスムーズに運ぶ

体内に取り込まれた酸素や栄養は、血液を通じて体の隅々まで運ばれていきます。その際に

酸素と栄養をスムーズに運べるようにサポートするのが、血液中の水分です。

水分が不足していると、血液の粘度が上がってドロドロになってきます。

ドロドロした血液は血管の中で詰まりやすく、脳卒中や心筋梗塞の引き金になると言われています。

近代では食生活の乱れや食文化の変化によって糖質や脂質の取りすぎで血液がドロドロになり、血圧も高くなる傾向にあるようです。

それに水分が不足した状態が加わるとさらに危険な状態になります。

血液の流れが悪くなればその分運べる酸素の量は減ってしまい、集中力や記憶力の低下を招きます。

「仕事の能率が落ちた」「集中力が落ちた」と感じている人は、水分が不足していることの影響かもしれません。時間やタイミングを決めて水を飲むなど、工夫して水分補給を習慣に出来るようにしましょう。

体の老廃物を外に出す

体重が50kgならば、体の水分量は30リットル。体内の老廃物を外に出すためにも1日に2リットル程度飲む必要があるます。体内の水分は常に新しいものへと入れ替えていく必要があり、口にした水分が体外へ排出されるまでは1か月くらいかかるとされています。

1日に2リットルくらいの水を飲まないと、体の中の水分の入れ替わりにさらに時間がかかり、

いつまでも古い水分が体の中に留まってしまう事態になります。

いつまでも旧い水分が体内にとどまり、水分が入れ替わらないと、血液の製造が滞り、代謝は落ち、肌の張りや艶は無くなっていってしまいます。汗をかけば臭いがきつくなったりと、もう散々。

水を飲んで老廃物を外に出すことは、体を若く保つための基本です。水を最低2リットルは飲んで、きちんと老廃物を排出することを意識しましょう。

 

空腹感を抑えることでダイエット効果がある

体の水分は大人で60%。子供は80%と言われていて、そのうちの1%が減少しただけで

喉の渇きを感じ、2%が減少すると脱水状態になる事もあるそう。

体重が50kgの人ならば体内の水分量は30リットル。その1%は300mlで、2%なら600ml。たったの300mlの水が体から抜けるだけで喉が渇いたと感じてしまうのです。

だから水は喉が渇いてから飲むのではなく、喉が渇きを感じる前にこまめに飲むことが大事。

また、こまめに水を飲むことで、空腹感を抑えることができるのでそれによって余計な食欲を抑えることができます。よく、水を飲むと太るとかを聞きますが、それは体内の水分量が増えただけのことです。太ったわけではありません。ダイエットは体重を落とすことよりも、体を引き締めて健康的に痩せるのが良いと個人的には思っています。

僕も40歳近いので、体力が落ちてきたなとか感じていますし、加齢とともに、若いころと食事量は変わらないのですが、やっぱり体重は増えてきてしまいます。

若いころと比べるとやはり筋肉量が落ちてきているのを痛感しているので、その解消のために毎日トレーニングをしています。もちろん、無理をすると続かないのでハードルは低く設定し、継続することを一番の目標に設定しています。

ダイエットするときは、体重の数値よりも、体が引き締まっているかどうかをポイントにすると、

健康的に痩せられると思います。トレーニングを続けていると、ふとした瞬間に、

「いつの間にこんなに引き締まった?」と思う部分が出てきますよ。

 

肌に水分を保ち、プルプル肌に。そして血液やリンパの流れをスムーズにしてくれる

肌は体の一番外側にあります。ですから栄養や水分の一番最後に届く場所でもあります。

肌が乾燥していたり、張りやしなやかさに欠けているなと感じたなら、1日の必要な水分量が取れてなくて、体の表面部分にまで水分が行き届いてないのかもしれませんね。

摂取した栄養素と水分は、生命の維持に必要なところから順々に使われていきます。

そうなると肌の優先順位は決して高くないので、後回しになります。

普通に生活していて、肌の張りとしなやかさが足りないなと感じたのならば、もっと意識的に

水を飲む必要性があります。一日の適切な水分摂取をするだけで、肌や体の調子が整いますよ。

 

また、血液は水分と栄養素で構成されています。栄養は普段から意識して取っている人が多いと思うのですが、水分に関しては今イチ。「喉が渇いてなければいい」と言う風に、軽視されがちです。

でも、それは間違いです。

お菓子などが好きで糖分を多くとる人は、血液がドロドロになりやすく、しかも代謝も下がってしまいます。その結果、体温が低くなってしまいます。

現代人は、基礎体温が低い傾向にあり、基礎体温が35度台の人は免疫力が下がり、がん細胞の温床になりやすいとも言われています。

 

水分の不足は体中を駆け巡っているリンパの流れまで滞らせてしまいます。リンパは老廃物を運んで流すという大切な役目を担っています。

水分が不足して、リンパがきちんと流れないと、老廃物が溜まってしまい、免疫力が落ちてしまいます。他にも、リンパが滞る弊害はむくみや肩こり、冷え性など様々な症状を引き起こします。

体調が良いくないなと感じているなら病院に行って検査や治療をしてもらうことが最優先ですが、

自分の生活の中で改善できるところは改善しましょう。

自分の体の管理をするのは自分なのですから。他は誰もやってくれませんよ。

water lady

まとめ

水分の不足は様々な弊害をもたらします。人間の体の半分以上が水分なのですから、当然と言えば当然ですね。水分不足を解消するには、1日の生活の中で、水を飲む時間とタイミングを決めておく事です。

仕事に行く前、仕事中の休憩時間、帰宅する前、入浴前、就寝前などと言うように、イベント前に予定しておいたりすると、忘れてしまう事が少ないから、良いかもしれませんね。

もう少しすれば夏が来ますね。暑くて水分が不足する状況が増えてきます。

今のうちに水を飲む事を習慣にしておけば、お肌もプルプルに、体の内面からも健康的になって、

外からも、中からも健康的過ごすことが出来ます。みんな、もっと水を飲もうよ!!

女性だって、いつまでも若く、そしてきれいで居たいように、

男だっていつまでも若く、そしてカッコよく居たいでしょ?

それなら水分不足を解消して、若く、健康的になってしまいましょう。

 

ちなみに水を飲むときは冷たい水よりも、常温に近い水のほうが良いそうです。

その方が吸収が高まって、尚且つ体への負担も少ないそうです。

朝起きたときは、白湯がオススメです。朝起きて、最初に白湯を飲むと、食堂や内臓が温められて、

全身を巡る血液の流れが良くなり、基礎代謝がアップします。体温も上がって内臓も活発に働いてくれるようになります。

 

p.s

安全性を求めるのなら、浄水器もお勧めです。水道水から有害物質を除去してくれるのが浄水器。

毎日飲む水だから塩素・鉛・トリハロメタン・水銀・配管のサビ等の有害物質を取り除いた

安全な水で安心を。

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
神奈川県生まれの38歳。妻一人、子一人。 好きなモノは日本史と戦国武将・日本刀・鎧・兜・バイク・ツーリング各種・釣り・登山。今まではバスケットをやっていましたが加齢とともに体がついていかなくて引退。一人でできるスポーツ探してます。 更新に時間がかかりますが、マイペースにゆっくりと更新を続けていきますので皆様、気長にお願いします。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 歴史大好きバイカーkickのキクログ , 2020 All Rights Reserved.